『最後』があるから『開始』するという話。

昨日は川崎の体操教室でした!

最後の定期教室です。

来週また川崎で1day体操教室がありますが、それで川崎での体操教室は最後になります。

今回で定期の体操教室は最後ということで、挑戦することにしました。

普段私のレッスンは見学不可にしています。

なぜ見学不可かというと、子供達を少しだけ自立させたいのと、子供の集中力を極限まで高めて時間を大事に使うためと、そして、保護者の方にひととき自由になってもらうためです。

しかし、昨日は最後ということで最初から最後まで見学自由とさせていただきました。

最後にあえていつもと違うことをするのは、私にとって挑戦です。

しかし、お客様のことを考えると、ここは見学自由にした方が良いのではないかと思ったのです。

長い間私の体操教室に通ってくださった皆様と、少しでも長く過ごしたかったという気持ちもありました。

結果、お客様と沢山話すことができたので、見学自由にして良かったと思います。

ところで、

川崎体操教室を通して感じたことは、『最後』があることは決して悪いことではないなということです。

本当は、どんな物事にも『最後』というのはあります。

でも、明確化されていないから意識することなく、終わってしまうのです。

だから、今回は『最後』をしっかり意識する良い機会でした。

私にとっても子供達にとっても良かったと思います。

物事は、『最後』があるから頑張れるのです。

現代はめまぐるしく情報が交差し、そのスピードはとてつもなく速いですが、だからこそ『最後』を意識する力というのはこれから必要になってくるのかもしれません。

私はこの川崎体操教室を機に、『最後』を意識し、また新たに『開始』していきたいと思うようになりました。

終わりがあるからこそ、また新しいことがはじめられるのです。

今あることを適度に終わらせながら、それを進化させてまたはじめる。

そんな風にしていくことを『成長』と呼ぶのかもしれませんね。

今日は立川で体操教室です。

それでは、くまっけJAPAN 熊谷でした。

体育の無料相談はこちら!

LINE@→https://line.me/R/ti/p/%40omu5264t

メール→taikuma.net@gmail.com

(LINE@の方が返信早いです)

毎日更新くまっけブログ!→http://kumakkeblog.space

くまっけYouTubeチャンネル→https://youtu.be/1c89ntHRLB0

※練習などの際は安全性を考慮し、怪我などには充分お気をつけください。

当サイトや動画は一切責任を負えません

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。