『褒めて育てる』はやり方間違えると逆効果?!正しい『褒め方』とは?

教育において、『子供は褒めて育てる』というのが少しずつ浸透しています。

実際、褒めて育てるについての研究は豊富で、実証データもかなり出ています。

だから褒めて育てるのは間違っていないのですが、大事なのは褒め方です。

実は、褒め方が間違っていると逆効果になるということも判明しています。

つまり、褒め方を間違うと子供の成長を阻害するということです。

面白い実験があります。

これは、スタンフォード大学の研究です。

その実験は、思春期前の子供たちに難しい問題を解かせて、その後で両親に褒め言葉をかけてもらうというものでした。

面白いのが、褒め方の違いでその後のテストの成績がまるで違ったということです。

端的にいうと、

「テストの点数、良かったね!!」と『結果』を褒められた子供は、その後の成績が下がり

「テストがんばったね!!」と、『努力』を褒められた子供は、その後の成績がどんどん上がったのです。

人間、結果より努力を褒めた方ががんばろうと思うということでしょうか。

自分に置き換えてみると確かにそうかもなぁ…という感じです。

ちなみに私の経験上、良くないのは「何も考えずに」褒めちぎることです。

学生の体操の先生に多いのですが、褒めれば良いと思って何も考えずに褒めちぎると、子供はその人のことも、その行動のことも真剣に考えることをやめます。

つまり、なめるということです。

なぜこう断言できるかというと、子供たち自身がそう言っていたからです。

「あの先生の言うことは信じてない。だって何も考えないで褒めるんだもん」

これは私がバイト時代、同僚の体操の先生に対して子供がこそこそと言っていたことです。

子供は鋭いのです。

褒め方の根底には、その子と真剣に向き合っているかどうかがあらわれます。

一人として同じ子はいないので、

褒め方ひとつをとってもその子に合わせて指導する必要がありますね。

だからこそやり甲斐のある仕事であり、楽しい仕事でもあります。

私は、今日は川崎体操教室の定期講座最終日です。

最後まで、子供たちが一生使える力を伝えていきます。

それでは、いってきます。

くまっけJAPAN 熊谷でした。

体育の無料相談はこちら!

LINE@→https://line.me/R/ti/p/%40omu5264t

メール→taikuma.net@gmail.com

(LINE@の方が返信早いです)

毎日更新くまっけブログ!→http://kumakkeblog.space

くまっけYouTubeチャンネル→https://youtu.be/1c89ntHRLB0

※練習などの際は安全性を考慮し、怪我などには充分お気をつけください。

当サイトや動画は一切責任を負えません

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。