生後0か月から読めるおすすめの絵本は?0歳でも見える色は?

先日、Uくんのために絵本を買いました!

以前親友がくれた本『しましまぐるぐる』と同じシリーズである

あかあかくろくろ』という本です。

しましまぐるぐるのシリーズは、なんと生後0か月から読むことができる絵本なんです。

うちのUくんもお気に入りで、特にいろんな色が出てくる魚のページが好きみたいです。

ちゃんと目で追ってるので、本当に読めるんでしょうね。

そんな「しましまぐるぐる」好きのUくんに、

新しい絵本『あかあかくろくろ』をプレゼントしました。

こっちの方が僕は好きですね!

何より可愛いです。

しましまぐるぐるもいろんなキャラクター出てきますけど、あかあかくろくろの方が可愛いと思えるキャラクターが多かったです。

※個人の感想です。

ちなみに、あかあかくろくろというタイトル通り、赤と黒を中心とした色使いの絵本です。

でも青とかも出てきますから、赤と黒ばっかりというわけでもないですね。



赤ちゃんにも色は見えているのかな?

と疑問に思う方もいるかと思いますが、

赤ちゃんにも見える色はあります。

産まれたばかりの赤ちゃんというのは、視力がとても弱く、ぼんやりとしか見えてないと言われていますが、

そのぼんやりの中でも見えるのは「」です。

産まれてすぐの赤ちゃんでも、光の明暗は判別できます。

それに伴い、赤ちゃんは「コントラスト」なら見ることができると判明しています。

つまり、

白と黒と赤』を判別することができるんです。

そう考えると、『あかあかくろくろ』っていう絵本は赤ちゃんにピッタリですね。

だから赤ちゃんに与える小物も、

白と黒と赤のハッキリした色のものを与えると良いですよね。

うちのUくんもだんだん見えるようになってきていますが、

生後1か月から「光」にはばっちり反応しています。

生後4か月の今、もっと見えるものは増えてきてるのか、最近はよくキョロキョロしてますね。

しましまぐるぐる』も『あかあかくろくろ』もうちのUくんは気に入っていますので、両方おすすめの絵本です。

是非本屋に行ったときは探してみてくださいね。

こちらからも購入できます。

しましまぐるぐる

あかあかくろくろ (いっしょにあそぼ) [ 柏原晃夫 ]




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。