その他

集中力を発揮するためのたった一つのコツ

投稿日:

今日はルフロン川崎にて、夏休みの特別講座です。

別の講座のキャンセル待ちが多く急遽できた講座ですが、

こちらも満席とのこと。

嬉しいです。

7月最後だからかもしれませんね。

8月でルフロン川崎の体操教室は終わってしまいます。

寂しい。

しかし別れは成長に繋がりますから、

僕もますます体操指導を極めていこうと思う次第です。

ところで、体操教室をしていると思うことがあります。

それは、

集中力を発揮する子は伸びるのも早いということです。

だから僕の体操教室では、子供達が集中力を発揮できるようさまざまな工夫をしています。

僕の体操教室に来たことがある人はわかると思いますが、1day講座の場合1日の最後に発表会をしますよね。

たった45分でできるようになるの?

と保護者の方は疑問に思いますが、

実際に発表会を見ると納得してくれます。

もちろん技ができない子もいます、人間ですから。

ですが、下手になる子は一人もいませんし、皆上手になります。

それは集中力を発揮して、適切な練習に打ち込んでいるからです。

じゃあどうやったら集中力が発揮できるかというと…?

マルチタスクをやめて、

シングルタスクにするというのがポイントです。

横文字を使うとわかりづらいかもなので言い直しますが、

ようするに

『考えることを一つに絞らせる』

ということです。

人間の脳は、複数のことを同時に進行しようとするとパフォーマンスが落ちるということが証明されています。

スマホいじりながら勉強、

みたいなのは愚の骨頂ということですね。

同時進行というのは、人間の仕組み的に集中力が発揮できないようになっているのです。

体操教室でも同じことが言えます。

友達とお喋りしながら、

とか、

他のことを考えながら、

とか、

そんな状態では集中力は発揮できないということです。

友達とお喋りしたい子に対して、

「お喋りしてはいけません!」と注意したところで、

子供は喋りたい衝動には抗えません。

だから体操教室自体が楽しめるものじゃないと、結局は集中力が発揮できず上手にもならないんですよね。

そのため、『飽きない体操教室』というのは僕の中で一つのテーマだったりします。

マルチタスクよりシングルタスク。

同時進行よりも、

一つずつこなした方が結果的に早く終わるということ。

このことを知っていると、

あらゆるものに応用ができます。

勉強も複数の教科を同時進行ではなく、

一つずつクリアしていくのがいいということです。

ちなみに、内職などのような単純作業ならマルチタスクでもパフォーマンスは落ちないと言われているので、そういう作業をしたいならマルチタスクでもいいかもしれませんね。

ということで!

今日も飽きない体操教室をやっていこうと思います。

無料相談はいつでも受け付けてますので、何かあれば

taikuma.net@gmail.comにご連絡ください。

LINE@の方が返信は早いです。

https://line.me/R/ti/p/%40omu5264t

それでは!

くまっけJAPAN 熊谷でした。

-その他

Copyright© 【真:くまっけ日和】 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。