体育

逆上がりに悩んでいる人が多いのはなぜか?0歳の時が一番大切!?

投稿日:

こんにちは!

体育のくまっけJAPAN熊谷です。

みんなからはくま先生と呼ばれています。

昨日はビックホップ印西で体操教室でした^^。

 

僕の体操教室は4歳~小学6年生までが対象なので、

それはもういろんな子どもが来てくれます。

 

僕の体操教室では、レッスン前に必ず目標の技を設定します。

 

『お客様が求める技が一日でできるようになるかどうか』に重点を置いて、レッスンを進めていくためです。

鉄棒講座をやるときは、8割の子が『逆上がり』が目標ですね。

 

それぐらい、逆上がりはみんなにとって壁になっている技ということなんです。

 

僕の指導実績は2000人以上なので、

本当に様々な子どもを見てきました。

 

その中で、逆上がりが比較的楽にできる子と、そうではない子にはある共通点があったのです。

 

それは、0歳の時の過ごし方でした。

 

 

0歳の時の過ごし方、と言うとちょっと重々しいのですが、

 

ようするに

 

逆さまになった経験が多いかどうか

 

ということです。

 

 

0歳の時に、遊びの中で逆さまになった経験が多い子というのは、

逆上がりの習得が速いです。

 

絶対とは言えませんが、限りなく100パーセントに近いと言えます。

 

それだけ、逆さまになる経験というのは大切だからです。

 

 

0歳の時に逆さまになった経験が少ないという子は、

逆さまになることに抵抗感を感じます。

 

抵抗感はやがて恐怖感に変わります。

 

そうすると、

 

鉄棒において、前回りも逆上がりも怖くてできないんですね。

 

そもそもの挑戦ができないわけです。

 

食わず嫌いに近い状態に見えますが、

どっちかというとアレルギーに近いです。

 

食べてはいけないものを食べているような、

そんな状態です。

 

身体が拒否しているわけですね。

 

 

つまり、逆さまに向いていない身体に成長した、ということなのです。

 

 

「逆さまに向いてないってことは…逆上がりは諦めた方がいいのか…」

 

と思うかもしれませんが、全くそんなことはありません。

 

その場合でも、逆上がりは習得できます。

 

ただ、この場合は習得の過程が変わるといったほうが良いですね。

 

通常の逆上がりの練習の前に、逆さまになる練習という過程が加わります。

 

12歳まで、子供の運動神経は劇的に変化します。

なので、焦らずまずは身体を逆さまになれさせましょう。

鉄棒での足抜き回りや、こうもり、前回りや布団干しといった技で身体は逆さまに慣れていきます。

身体が慣れてきたら、逆上がりの練習に入りましょう。

 

子どもにとって0~3歳と、3歳~12歳はとても大切な時期なのです。

 

0歳~3歳のうちに、逆さまになる経験を得てる子どもは、そうでない子に比べて運動発達の伸びも速いと僕は感じています。

 

アクロバティックな動きに身体が慣れてるため、躊躇なく行動ができ、その結果身体も発達するんだと思いますが、実際のところはまだわかりません。

 

0歳~3歳の時期を逃した場合は、3歳~12歳がとても大切になります。

 

その時期に僕が発案した『くま先生式運動発達トレーニング』をすると、運動能力は着実に発達していきます。

 

僕の体操教室に参加すれば、そのトレーニングはできますが、

そうでない場合は『子どもに脳を使わせながら身体を動かす』ということをするといいですよ。

どうしていいかわからない場合は、僕の体操教室にいらっしゃるか、体育の家庭教師として呼んでいただければと思います。

もしくは、逆上がりの相談もココナラで受け付けておりますので、サイドバー右下のリンクをご確認ください。

 

とにかく大事なのは『逆さまになる経験』です。

 

3歳~でも遅くはないので、

まだ抱っこできる年齢のうちは、逆さまに抱っこするなどして遊んであげてくださいね。

 

抱っこできない年齢場合は、足抜き回りやこうもり、布団干しや前回りを繰り返し行いましょう。

 

逆さまに慣れることと、鉄棒に慣れることはほぼ同義です。

 

 

逆上がりができない場合、

まずは焦らずそのできない理由を見つけてみてくださいね。

 

それでは、また。

 

 

Source: 体育のくまっけJAPAN『くま先生の逆上がりブログ』

-体育
-

Copyright© 【真:くまっけ日和】 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。