《好きな人と好きなことで活きていく》くまっけJAPANが書く

体育のくま先生の【くまっけブログ】

体育

跳び箱の飛び方(跳び方)と指導のポイント!開脚とび編

更新日:

僕は現在3か所で定期の体操教室をしていますが、

跳び箱教室も人気の講座です。

 

大体の子が全くとべない子が多いため、開脚とびを教えています。

子どもによっては、ポイントを教えるだけで全くとべない子でも5段がとべるようになるということも珍しくありません。

 

ではそのポイントとは何なのか?

 

それは跳び箱の向きによっても変わります。

 

また、とても大事なことですが、

正しい跳び箱の跳び方ができれば高い段数も飛ぶことができるため、

まずは1~3段の低い段数で跳び箱を練習しましょう。


 

 

 

まず横の場合、大事なポイントは3つです。

ポイント①手を前に着く

手を前に着かないと、手が邪魔でマットに着地することができません。

そのため、手はなるべく前に着きましょう。

 

ポイント②お尻をあげる

ポイント③視線は下

このポイント2つは繋がっています。

お尻をあげることで下が向きやすくなりますし、

下を向くことでお尻があげやすくなります。

 

お尻をあげることで高い段数の跳び箱でも、

お尻をひきづらないで跳ぶことができるんですね。

 

視線はついつい前を見がちですが、

着地地点であるマットを見るために下を見ましょう。

手の位置を見るといいですね。

 

 

これが横の場合のポイントです。

横より縦の方が難しいため、

縦には横よりも1つポイントが加わります。

なので、

ポイント①基本は横と同じ

手は前に着き、お尻は上げて、視線は下ということですね。

 

ただ、縦の場合は横と違って手を前に着くのが難しいです。

長いからですね。

身長が大きい子であればできますが、そうでない子はポイント②が大切になります。

 

ポイント②ジャンプしてから手を着く

これこそが最大のポイントです。

ジャンプしてから手を着くことによって、

身長の低さをカバーできます。

ジャンプすることによって身長の高い子と同じ状況を作ることができるんですね。

すると、手を前に着くことができます。

 

また、しっかりジャンプすることによってお尻もあがりますよね。

この時、視線が前を向いているとお尻がさがって跳び箱にお尻をひきずってしまうので、気をつけましょう。

動画にもまとめてありますので、





↑もご覧くださいね。

また、鉄棒の逆上がりなどはこのサイトにまとめてあります。

熊先生の体育のコツ.net

 

 

大切なのは正しい練習をすることです。

跳び箱1段も飛べない場合は、床で練習するようにしましょう。

いわゆる、跳び箱0段の状態で練習をするということですね。

 

 

あと、跳び箱は実は一番ケガが多い種目ですので、十分注意しながら練習するようにしてください。

そのため、怖くなりがちですが、一回跳べてからもケガの可能性は高いです。

安全第一で練習していきましょうね。


 

それでは、また明日のブログでお会いしましょう。

くまっけJAPANでした。

-体育

Copyright© 体育のくま先生の【くまっけブログ】 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。