空中逆上がりも魔法の補助ベルトでできる!ポイントも!【タオル】

こんにちは!体育のくま先生です。

逆上がりに次いで人気のある技、空中逆上がり。

正式名称は後方支持回転と言います。

 

この技は主に逆上がりを習得した後に練習する技ですので、

僕の体育教室でも結構人気な技です。(それだけ逆上がりができるようになる子は多いです)

 

そんな空中逆上がりですが、

それなりに難しい技の一つです。

 

逆上がりは回転感覚と腕の力が必須な技でしたが、

空中逆上がりは逆上がりよりも回転感覚が必要な技です。

 

なぜなら、逆上がりよりも勢いよく回る必要があるからです。

まずは空中逆上がりのポイントからみていきましょう。

 

・空中逆上がりのポイント

ずばりポイントは、お尻をあげるということです。

実は空中逆上がりというのは、

鉄棒にくっつき続けることで空中での逆上がりを可能としているのです。

 

そのため、鉄棒にくっついていないと、回転力が足りず、鉄棒から落ちてしまいます。

そして、くっつき続けるためには、お尻をあげ続ける必要があります。

 

お尻をあげることで鉄棒の上にいくことができ、

それが空中逆上がりの回転力を産みます。

 

つまり、お尻をあげる→鉄棒にくっつくことができる→空中逆上がりができる

のです。

だからお尻を上げるのが大事なのです。

 

しかし、はじめて空中逆上がりをやる場合、多くの人はお尻をあげることができません。

なぜなら、怖いからです。

 

逆上がりは地面に足がついているのでまだ安心感があるのですが、

空中逆上がりだと地に足がついていないため恐怖心を抱きやすいです。

 

そのため、中途半端に回ろうとして結局回れないということはよくあります。

そんな時役に立つのが、魔法の補助ベルトなのです。

 

・空中逆上がりの魔法の補助ベルト

逆上がりの補助ベルトが、そのまま空中逆上がりの補助ベルトになります。

よく魔法のベルトなんて言われますが、

僕は体育に魔法なんてないと思っている人間なのでそこは否定しておきます。

物事には大体理由があるので、魔法なんて言葉で片付けません。

 

まぁそれは置いておいて、

空中逆上がりにもとても便利に使うことができるのがこの補助ベルトです。

 

どのように使うかというと、

逆上がり同様最初に腰にベルトを回しておき、

ツバメをして空中逆上がりをするのです。

 

すると、補助ベルトが支えとなり、鉄棒から離れずにくっつき続けることができます。

そうすることで、回転感覚が身につくのです。

 

そもそも空中逆上がりで何が怖いのかというと、

落下するのが怖いのです。

落下するのが怖いから、お尻がさがって回れないわけです。

 

だから、補助ベルトを使って落下しない状況を作りましょう。


↑ちなみに、タオルを使ったやり方もあります。

補助ベルトが買えない人は、タオルを使ってやってみるといいですね。

ただタオルでやる場合は相応の握力がないとタオルごと落下する可能性がありますので、

お気をつけください。

 

何度も回転することで、

回転感覚が身につき、

いざベルトやタオルを外したときもお尻をあげて回転することができるようになります。

 

ただ、何度も練習しないと難しいです。

ちょっとベルトで練習したからといってできるようになるものではありません。

 

例えるなら、補助ベルトでの練習は、レシピを見ながら料理を作っているようなものです。

たった一回レシピを見ただけで、次レシピを見ないで作れるかというと、それはなかなか難しいですよね。

基礎力が高い人は一回やっただけでできるようになりますが、

ほとんどの人がそうではありません。

 

なので、何度もレシピを見て、繰り返し料理を作る必要があるわけです。

空中逆上がりも同じですので、是非繰り返し練習してみてください。

 

他にもわからないことがあれば、

いつでも体育の無料相談をお使いください。

それでは、体育のくま先生でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。