体育

空中逆上がりのコツは?動画でやり方を紹介!正式名称は?

投稿日:

鉄棒には、空中逆上がりという技があります。



僕の体操教室に来る子どもたちは、8割が『逆上がり』を目標にしています。

しかし、僕の体操教室では一日で逆上がりができる子が多いため、
次回からは違う技を目標にする場合が多いです。

そのため、

逆上がりができた子は空中逆上がりを目標にすることがよくありますね。

 

 

そんな空中逆上がりという技ですが、

見た目にも派手な技なので、できたらかっこいいとされる技の一つです。

この技に憧れる子も多いのではないでしょうか。

 

実はこの空中逆上がり、そんなに難しい技ではありません。

大切なのはポイントです。コツとも言います。

この記事では、この空中逆上がりのコツを余すことなくご紹介します。

是非参考にして、実施してみてくださいね。

ちなみに空中逆上がりの正式名称は『後方支持回転』です。

 

 

 

 

 

 

 

空中逆上がりのコツ①

まずはツバメをしましょう。

ツバメは鉄棒において基礎になります。

ツバメをした時点でふらついたり、プルプルするようでは空中逆上がりは危険なため、充分な腕の力をつけてから空中逆上がりを行うようにしましょう。

腕の力のつけ方はこちらを参考にしてください→逆上がりの腕力のつけ方

 

 

 

 

 

 


空中逆上がりのコツ②

足のふりもとても大切です。

空中逆上がりをやるうえで、勢いは必須ではありません。

しかし、多少の勢いがあったほうがやりやすいのも事実です。

そのため、足をふって勢いをつけましょう。

ちなみにこれは勢いをつけるだけでなく、回るタイミングをつかむためにも必要な動作になります。

ツバメがしっかりできないと、この足ふりでもフラフラしてしまいうまく触れないため、腕の力がちゃんとついているかはこの足ふりでも確認できますね。

 

 

 

 

 

 

空中逆上がりのコツ③

空中逆上がりは回るタイミングが大切です。

そのため、足をふって「いち、に、のさん」で回りましょう。

声に出しても心の中で唱えても大丈夫です。

 

 

 

 

 

 

空中逆上がりのコツ④

これが実は一番大切です。

回るときは鉄棒にくっつきましょう。

どのくらいくっつくかというと、

このくらいです。

回るときはピタッとお腹がくっつきます。

ピタッとくっついて回ることができれば、

勢いがそれほどついていなくても、体は回転します。

大切なのは足の向きですね。

足は回る方向を向くようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

以上の4つが、空中逆上がりのコツです。

詳しくはこちらの動画をご覧ください。


 

 

 

空中逆上がりは、回るときに恐怖を覚えやすい技です。

びっくりして手を離してそのまま落ちる…というのもありえるので、充分気を付けて行いましょう。

 

こちらのページにもまとめてありますので、是非ご覧くださいね。→空中逆上がりのコツ

 

 

 

ということで、今回は空中逆上がりのコツに関して書きました。

もし質問等あれば気軽にkumakke.japan@gmail.comまで連絡くださいませ。

 

それでは、また明日のブログでお会いしましょう。

 

くまっけJAPANでした。

 

-体育

Copyright© 【真:くまっけ日和】 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。