その他

月収一桁万円から右肩上がり万円に変わったたった一つのコツとは?

投稿日:

僕の体操教室の子どもたちの中には、このブログを見てる人もいるらしい。

だからなんかあんまりお金の生々しい話とか、

よくないかな…。

とか思ってた時期もありました。

でも大事なのは『事実を知って自分で判断する』ことだと思うので、取捨選択は自分でしてもらえると嬉しいですね!

では、本題に入ります。

どうやら以前の自分は真面目というカテゴリに分けられる人物だったようです。

真面目、というか頭でっかち的な意味が強いですね。

何か仕事をしてても、

これをやっている意味はあるはず!

とか、

きっとこれが何かに繋がっているはずだ!

とか、

今は辛いけど我慢すれば良くなるはずだ…!

とか、いちいちどうでもいいことを考えてたんですよね。

さらに真面目な自分の特徴として、

あの人が言うなら間違いない!

という感じで、

自分で勝手にメンターを作って

そのメンターを盲信するという傾向にありました。

これは本当に良くありませんでしたね。

どんな人にも尊敬するべき部分はありますが、

どんな人にも欠陥はあります。

完璧な人間などいないのです。

自分に活かせることもあるし、

自分に活かせないこともある。

だから盲信するのは危険です。

誰もその人にはなれないからです。

師匠というのは超えるべき存在であり

盲信するべき存在ではないんですよね。

この人についていけば間違いない!

っていうのは、

この人だったらなんとかしてるでしょ!

っていう凄く危険な他人任せの思考です。

自分のことなのに自分で考えてないっていう。

だから依存するし、

自分のメンタルをぐちゃぐちゃにしてしまう。

自分を信じるべきなのに他人を信じてしまうので、

自信がなくなってしまうんですよね。

そして、

行き着く先は鬱でした。

負の連鎖とはこのことを言いますね。

そんな時の僕の収入(お金の稼ぎ)はどのくらいだったのかというと、一桁万円でした。

具体的にいうと、5万円です。

当時はお金を凄く大事なものだと思っていたので、これも自分を信じられなくする大きな要因でしたね。

俺はこれっぽっちしか稼げないのか、とよく落ち込んでました。

そんな僕が右肩上がりに稼げるようになったたった一つのコツがあります。

それはもう超単純なことでした。

それは、

『面白いと思うことを自分で仕事にする』です。

僕の場合は体育と音楽ですね。

自分で仕事にする、

というのがポイントです。

鬱から復活した時、僕には柵(しがらみ)が何もありませんでした。

自由な発想で好きなことに取り組めたのです。

その自由な発想とちょっとの工夫で、好きなことが仕事になりました。

僕は今の自分の仕事をとても気に入っています。

良い意味で安定した収入じゃないというところも気に入っています。

油断していたら収入はさがる、でもだからこそ際限なくあがっていくのです。

今まで二社に勤めてましたが、

今の収入はその頃とは比べものになりません。

やればやった分だけあがるし、

工夫すればどんどん楽しくなるし楽になっていくんです。

結局は、オンリーワンの生き方がナンバーワンだったわけですね。

ちなみに好きなことが何かわからないという人は、『わかるまでやってない』だけだと思います。

だから子どものうちはいろんなことを経験させてあげたいですよね。

『好きかわかるまでやる』、癖は子どものうちにつけたいところです。

うちの子(可愛い)にもいっぱい経験させようと思います。

過去の自分はお金に執着していましたが、今ではお金よりも大事なことに気づきました。

それは『時間』です。

つまんないものに時間を投資するよりも、

面白いものに時間を投資したい今日この頃です。

その方がメンタルに良いからです。

逆上がりをやりたかったらつまんない練習をするよりも、面白い練習をした方が良いというのととですね。

どんな練習をすれば良いかわからなければ、僕に連絡ください。

無料相談はいつでも受け付けてますので、何かあれば

taikuma.net@gmail.comにご連絡ください。

LINE@の方が返信は早いです。

https://line.me/R/ti/p/%40omu5264t

それでは!

くまっけJAPAN 熊谷でした。

-その他

Copyright© 【真:くまっけ日和】 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。