小学生向けの鉄棒連続技!前回りから空中逆上がりまで

こんにちは!体育のくま先生です。

Youtubeを本格的にはじめて数ヶ月、

毎日投稿を続けていますが、ついに鉄棒の連続技にまで手を出してしまいました。


最初は毎日体育の動画をあげるなんて無理だろうと勝手に決めつけていましたが、

やればやるほど撮りたい動画が増えていき、今も毎日投稿できています。

 

さて、この鉄棒の連続技ですが、いくらでもバリエーションがあります。

ただ、学校によっては組み合わせの指定があったりするので、

完全に自由に、とはいきませんね。

 

僕もよく体育の無料相談を通して、連続技の相談を受けることがあります。

体育の授業で発表会をするところもあり、

子供達にとっては連続技の構成は重要なようです。

 

そんな鉄棒の連続技ですが、

動画内では初心者、中級者、上級者向けに紹介してみました。

 

初心者の場合は逆上がりは入っていません。

そうです、逆上がりがなくても連続技はできるんです。

連続技で大事なのは、上り技、降り技があることなのです。

 

逆上がりができない場合、鉄棒に上がるのはその場上がりでも僕は良いと思います。

鉄棒を握って、ジャンプしてツバメをするということですね。

そして前回り降りをして、足抜き回りをすればもう連続技です。

 

そこからまたその場上りをして、転向前降りという降り技をすれば、鉄棒の連続技の構成としては充分じゃないでしょうか。

こちらの初心者向けの連続技については、動画で実際にやっていますので、ご覧ください。

 

ちなみに、この連続技というのは、ただ技を一回ずつ練習するよりもよっぽど練習になります。

なぜなら、体を上手に動かさなくては連続技というのはできないからです。

 

だからこそ、練習の中で連続技を自然に取り入れておくと、運動能力はグングン伸びます。

僕の体育教室でも、積極的に連続技は取り入れています。

それ自体がコーディネーショントレーニングにもなりうるからですね。

なので連続技はぜひ積極的にやってみると、鉄棒自体得意になってくるかもしれません。

 

今回動画で紹介したものは、ほんの一例になります。

これからもどんどん連続技については紹介していこうと思いますので、どうかお楽しみに。

 

他にもわからないことがあれば、体育の無料相談をご利用ください。

 

体育のくま先生でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。