日常

子供も大人も 睡眠の質を高める3つの新しい方法

投稿日:

 

睡眠は超絶大事です。

誰もがわかっていることなはずですが、

寝不足気味で体操教室に来る子供もいます。

 

「遅くまでゲームやってた」

とか、

「だって眠くないんだもん」

とか、

理由は様々です。

 

さらに昨今、大人の方の方が寝不足気味ですよね。

 

でもこれって結構ヤバいんです。

だって、睡眠欲は三大欲求の中に入っているほどに大きな欲求ですよ。

 

大人も子供も、睡眠は大切です。

 

大事なのは、「不足しない」こと。

 

睡眠時間は長ければ長いほどいい…なんてことは当然ありません。

 

睡眠の質が高ければ、その人に合った睡眠時間で良いのです。

 

そもそも、睡眠とは眠りを誘発するホルモン「メラトニン」によって起こります。

この「メラトニン」というホルモンの分泌が増えることにより人は眠くなるのです。

「メラトニン」は、体内時計に合わせて21時くらいから分泌されるようになっています。

人間の身体ってよくできてますよね。

そして夜23時頃に眠くなり、朝方4時ごろ分泌のピークを迎えます。(個人差はあります)

よって、睡眠時間が4.5時間であれ、6時間であれ、毎日0時から6時を中心に就寝する習慣をつけていくことが、睡眠の質を高めるのには重要だと言えますね。

 

 

 

ということで、

この睡眠の質を高めるために僕自身が実践してる新しい方法を3つ紹介します。

ポイントは新しい方法、というところです。

当たり前のことは調べれば出てくることなので、省きます。

 

 

 

 

新しい方法①アルギニン・シトルリンを飲んでから寝る

アルギニンとシトルリンは体の回復、健康をキープしたり、血流の向上などといった、美容と健康に欠かせない働きをすると言われているものです。

この二つを寝る前に摂取すると、朝の目覚めがとても良いのです。

サプリのものもありますが、僕はアルギニンとシトルリン両方が含まれたパウダーのものを買って飲んでいます。

朝疲れを感じやすい人などに特におすすめですね。興味ある人はこちら→シトルリン 粉末 30g★巡りを良くして、しなやかボディ【健康 美容 サプリ サプリメント パウダー アミノ酸 めぐり L-シトルリン Lシトルリン アルギニン】

 

新しい方法②寝る1時間前に灯を暗くする

電気をオレンジに変えるだけでも構いません。

大事なのは、毎日決まった時間に暗くすることです。
先ほども出てきた、睡眠を誘発するホルモン「メラトニン」。

彼の分泌を促進する指示を出すのは脳です。

この脳は体内時計によっていつ分泌させるかを計っています。

その体内時計の調節に大きな役割を担っているのが、周囲の明るさです。

寝る1時間前には電灯をオレンジの明るすぎない灯に変えるなどすると、脳が寝る時間だと認識してくれて、眠くなってきます。

間接照明を使うのもアリですね。

これは効果絶大ですよ。

 

新しい方法③『寝たまんまヨガ』をして寝る

 

寝たまんまヨガというプログラムがあるのですが、これを寝ながらやるのです。

 

やってみればわかりますが、寝落ちします。

 

「やり方わからないよ!!」という人も安心してください。

なんとアプリがあります。

というか僕もこのアプリで知りました。

「寝たまんまヨガ」とアプリストアで検索したら出てきますよ。

 

アプリを起動して寝っ転がり、あとはアプリの指示通り体を動かすだけです。

 

筋肉を弛緩するのですが、これがまた気持ちいいんですよね。

やってみたらわかります。おすすめです。

 

 

 

 

以上!新しい方法3つをご紹介しました。

初めて知る方法もあったのではないでしょうか?

他にも睡眠の質を高める方法を知ってたら教えてください〜!

 

それでは!くまっけJAPAN熊谷でした。

-日常
-, , , , , , , ,

Copyright© 【真:くまっけ日和】 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。