体育

かけっこにはコツがあるという話。運動会で一番になるには?

投稿日:

こんにちは!

熊谷です。

 

今日はかけっこのマンツーマンレッスンへいってきます。

 

かけっこはこの時期依頼の多い種目の一つです。

 

水泳の次に多いですね。

 

かけっこにはコツがあります。

 

足を速く動かして、とか、

手をふって、とか、

そういうものではありません。

 

一番大事なのは、姿勢です。

 

走るのが遅い子のほとんどが、

後傾姿勢になっています。

 

つまり、後ろに傾いているということですね。

 

それでは速く走るのは夢のまた夢です。

 

この状態で足を速く動かそうとしたり、

手をふっても、

軸がぶれているので走り方は余計にめちゃくちゃになります。

 

なので、かけっこを速くするためにも、まずは土台から直していくのが適切です。

 

この場合の土台とは、姿勢のことです。

 

それぐらい姿勢は大事なんですね。

 

その姿勢を直した上で、大切なのが腕の振りや足の動きになります。

 

子供のかけっこであれば、

腕はいっぱいふった方が速くなります。

 

ちなみに、これが陸上となると話は別です。

 

陸上とかけっこは違いますからね。

 

大切なのは、かけっこの練習をするということです。

陸上ではなく。

 

それが、運動会で一番になるための方法になります。

陸上ではなくかけっこの練習をしましょう、ということですね。

 

その練習は、前傾で走ることと、腕のふりになります。

とはいえ、それ以外にも大事なことはあるのですが…。

 

今日のマンツーマンレッスンではそれらを中心にやっていく予定です。

 

かけっこはタイムが縮まるため、

目で結果が見えて良いですね。

 

それでは、いってきます^^

-体育

Copyright© 【真:くまっけ日和】 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。